三井住友DSアセットマネジメント株式会社

三井住友DSアセットマネジメント株式会社

私たちは、日々刻々と変化するマーケットと対峙し、国内トップクラスの資産運用会社として最高品質の運用パフォーマンスを提供しています。
世界経済を舞台に、グローバルな視点から国や地域、業界、企業等を分析できる仕事です。
金融にご興味のある方は勿論、金融業界でも専門性を高めたい方、世界経済を相手に仕事をしたい方、語学力を活かして新しいことにチャレンジをしたい方等、色々な方に活躍していただける環境です。

当社のグローバル展開

1海外資産運用の取組み
十分な経営資源を投入し、業界トップクラスの運用会社に相応しいグローバルな運用体制を構築しています。海外資産運用だけでなく、国内資産の運用にも役立つ体制を構築しています。
2海外リサーチ拠点とその機能
ニューヨーク、ロンドン、香港、上海およびシンガポールの拠点にエコノミスト、アナリストを配置し、マクロ・リサーチ、ミクロ・リサーチ、クレジット・リサーチをグローバルに実践する体制を構築しています。とりわけ、成長が見込めるアジアに注力すべく、 香港にアジアリサーチセンターを設置したほか、国際営業の強化にも力を入れおり、グローバルに競争力のある運用会社を目指しております。

なお、弊社には新卒で入社し、国内での業務を経験後、海外で活躍している社員もおります。海外勤務を希望される方は、入社後積極的にアピールし、チャンスを掴んでいただきたいと思います。 当社のグローバル展開

先輩社員紹介①

キャリア
大学では金融計量経済学とコンピュータ科学を主に学びました。当社には新卒として入社し、新人研修後、まずはクオンツアナリストの業務に従事。3年目からはクオンツ運用チームに配属され、アルゴリズム投資のフロー ( データ処理 ➡ アルゴリズムから投資シグナル算出 ➡ トレーディング ) を総括するクオンツポートフォリオマネージャーとして数千億円規模の資金を運用しています。

当社の雰囲気と運用の醍醐味
マネージャーはトレーディングを行う上で直接考える要素が多く、私も最初はミスをしそうになったことがあります。しかし、当社の穏やかな雰囲気の中、小まめに指導して下さる先輩がいて、運用に慣れることができました。クオンツ運用は定量分析スキルのみならず、拡張可能なデータベースやシステム構築に必要なITスキル、海外のお客様やデータベンダーとのやり取りに必要な語学力、そして何よりも社会の投資ニーズへの興味、それらが合わさって出来る総合芸術だと思います。自身でそのプロセスを一から作り上げることはチャレンジングで面白く、社会的にも意義があると思います。 先輩社員紹介①

先輩社員紹介②

キャリア
2011年2月:韓国で高校を卒業
2015年3月:日本の大学(経済学部)を卒業
2015年4月:当社に入社

現在の部署では、投資信託の一般投資家向け販売用資料の作成を行っています。具体的には、金融機関で販売員がお客さまに投資信託の説明を行う際に使用するパンフレットや、投資信託の価格である基準価額が急激に変動した際に投資家の皆さまに相場状況を説明するレポート、投資啓蒙を目的とした優しい内容の情報提供資料などを作成しています。
資料を作成する場合は、運用部署や商品関連部署、コンプライアンス部、目論見書関連部署、海外拠点など、様々な部署と協力する必要があります。新ファンドを立ち上げる場合は、販売会社と直接やりとりを行うこともあります。
私は主にDX、創薬、AIなどに関連した資料を担当していて、関連ファンドの残高が増加したときや、販売会社や社内のRM(リレーションシップマネージャー)からの資料評価が良かったときにやりがいを感じます。今後、私はこの人に資料を作ってもらいたい!と指名してもらえるような人になることが目標です。
当社には様々な経験を持った人材が集まっており、質問もしやすく、若手社員にとって学ぶ機会が多いことは入社するメリットの一つです。また、新卒採用も旧社より10年以上続けているため、自分のこれからのキャリアパスについても以前より計画を立てやすくなっています。 先輩社員紹介②