職種研究

職種研究

営業系

顧客のニーズをくみとり、商品やサービスを売る仕事

自社の製品やサービスを販売する仕事です。単純に販売だけでなく、企画提案や顧客開拓、販売後のアフターフォローなど、顧客対応にかかわる業務全般を行います。販売対象が個人か法人かで販売手法も大きく異なります。企業の売り上げに直接かかわる部門であると同時に、顧客と直に接する仕事のため、具体的なニーズや商品に対する意見、苦情も含め、情報を得ることができるポジションです。

  • ◇ 営業(個人顧客・新規開拓中心)
  • ◇ 営業(企業顧客・新規開拓中心)
  • ◇ 営業(個人顧客・得意先中心)
  • ◇ 営業(企業顧客・得意先中心)

商品企画 | マーケティング系

世の中や人の動きを見て考える仕事

消費者のニーズをとらえ、新しい商品やサービスの全体構成を考える「商品企画」、消費者にその情報をいかに伝え購買に結び付けるかを考える「マーケティング」、どちらも切り離せない部門で、両方を兼任する企業もあります。新しい商品が生まれる背景には、市場調査・分析、ターゲット設定、流通、価格設定、広報・宣伝、販売チャネルなどを細かく決定していく過程があります。

  • ◇ 商品企画
  • ◇ プランニング
  • ◇ 調査研究・マーケティング・データ分析

事務 | 管理系

企業内が円滑に動くために、必要なルールや書類の整備をする仕事

総じて社内の業務をスムーズに動かすための仕事全般の部門です。企業内の業務を円滑にする仕事や、社員の働く環境を整えたりする部門、入金、支払など金銭を管理する部門や、契約や各法律関連を監督する部門など、細かく細分化されています。また、営業や貿易などの部門でのサポート業務として、事務や促進の仕事をするスタッフを配置しているケースもあります。

  • ◇ 総務
  • ◇ 財務
  • ◇ 会計・経理
  • ◇ 人事・労務
  • ◇ 法務・審査・特許
  • ◇ 経営企画
  • ◇ 貿易事務・国際事務
  • ◇ 企画・営業推進・販売促進
  • ◇ 宣伝・広報

金融スペシャリスト

専門分野に特化したスキルを活かす仕事

さまざまな業界で専門職、スペシャリストの仕事はありますが、特に昨今では、コンサルティングの専門力が注目されています。外部委託が基本で、コンサルティング専門のコンサルファームや、会計やITなどの専門会社のコンサル部門が受注を受け、顧客企業のコンサルを行います。経営戦略や会計、人事など細分化が進んでいるため、かなり特化した専門知識を必要とする仕事です。

  • ◇ コンサルティング(戦略・会計・人事・IT)
  • ◇ その他専門職

専門 | スペシャリスト系

専門分野に特化したスキルを活かす仕事

さまざまな業界で専門職、スペシャリストの仕事はありますが、特に昨今では、コンサルティングの専門力が注目されています。外部委託が基本で、コンサルティング専門のコンサルファームや、会計やITなどの専門会社のコンサル部門が受注を受け、顧客企業のコンサルを行います。経営戦略や会計、人事など細分化が進んでいるため、かなり特化した専門知識を必要とする仕事です。

  • ◇ コンサルティング(戦略・会計・人事・IT)
  • ◇ その他専門職

流通 | サービス系

商品やサービスがお客様の手に届くまでをディレクションする仕事

商品やサービスが消費者に提供される際に発生する顧客とのコミュニケーションを業務とする仕事です。形に見えないながらも、商品やサービスの価格に反映されているとも言えます。代表的なものに、ホテルや旅館、飲食店、ショップ、美容・エステ、冠婚葬祭などがありますが、昨今ではさまざまな業界でサービス職の質が問われています

  • ◇ 販売・ショップスタッフ・接客
  • ◇ スーパーバイザー
  • ◇ 店長(店舗運営・マーチャンダイジング)
  • ◇ バイヤー

クリエイティブ系

アイデアを形にする仕事

テレビや広告、新聞、雑誌、WEBサイトなどで制作全般を担当する仕事です。最近では「クリエイティブ」というと制作スタッフのことを指すようにもなっています。企画から制作、スケジュールの管理、クオリティの管理などの業務がありますが、制作工程は業界によって異なり、必要な職種はそれぞれ違い専門的な知識が必要です。

  • ◇ 編集・制作・ライター・記者
  • ◇ デザイナー
  • ◇ クリエイター

研究 | 開発系

新しい商品開発を目的としたさまざまな研究をする仕事

化学、薬学・生化学、農学系、工学系の分野などで、商品開発の前段階で企業の将来に向けて素材や物質、原材料、原理の研究・開発する役割を担っています。研究と開発の両方を兼ねて研究開発職としているケースもありますが、一般的には研究職は新しい商品のための素材や物質の研究、開発職はそれらの物をいかに商品化・具体化するかを研究する分野に分けられています。

  • ◇ 基礎研究
  • ◇ 応用研究・技術開発

生産 | 品質管理 | 製品設計系

製品を作ったり、品質管理をする仕事

さまざまな分野のメーカーにおいて、製品を作りだす生産部門と、その生産工程の全てにかかわる仕事です。一般的にメーカーの製造部門に属します。基本的に製造部門は、品質・コスト・納期で成り立っています。そのため、製造部門には品質管理、生産技術部門も欠かせないポジションです。海外に生産拠点を持つ企業も多くなってきた昨今、海外勤務や出張が多い場合もあります。

  • ◇ 生産・製造技術開発
  • ◇ 生産管理・品質管理
  • ◇ 機械・電機・電子機器設計

コンピュータ | 通信 | ソフトウェア系

コンピューターやネットワークのシステム全般を作る仕事

コンピュータや、ネットワーク関連全般にたずさわる仕事です。パソコンのハードやソフト、OS、サーバー、プログラミング、開発、ネットワーク、インターネット、運用管理など、仕事はかなり細分化されています。各分野の深い専門知識が必要となる仕事ですが、それだけでなく、昨今では他部署との情報交換やヒアリング能力が特に求められてもいる職種です。

  • ◇ ネットワークエンジニア
  • ◇ セールスエンジニア
  • ◇ システム運用・保守
  • ◇ システムエンジニア
  • ◇ プログラマ

土木 | 建築 | 設計系

建物やラインフラン環境を作る仕事

道路や橋、トンネルなど公共施設の構造物を造る土木系と、住宅やマンション、ビル、駅など人が利用する建物を造る建築系とを総合的に建設業と呼びます。建築業にたずさわる職業の人は、プロジェクトのプランニングから設計、建設、専門工事、管理と多岐にわたる職業がありますが、どれも専門知識が必要となるものです。

  • ◇ 建設関連職
  • ◇ 施工管理